婚約指輪はどうしてダイヤなのか

1月 12th, 2014

結婚することを決めるまで、二人の間には仕事のことや将来の夢など考えなくてはならない重要な問題がたくさんありますよね。

そしていくつかの問題を乗り越えて、めでたく結婚することが決まった後、次に決めなくてはならないことは、女性にとって一番わくわくわくする婚約指輪をどんなデザインにしようかということではないでしょうか。

ダイヤモンドの大きさ、ダイヤモンドの形などを選んでいる時が、本当に人生で一番幸せな時です。

どういった指輪を選んだらいいのか、基準がわからないようでしたら、婚約指輪トレンドランキングで人気の指輪を抑えておきましょう。

ではどうして婚約指輪にダイヤモンドが使われるようになったのでしょうか。

ダイヤモンドの婚約指輪が歴史上に登場するのが、15世紀にオーストリアの貴族が婚約者に贈ったのが最初との話もあります。

ダイヤモンドは非常に堅い石です。

その強固なことから、婚約者が病気や事故にあわないようにとの思いが込められているようです。

そして無色透明なダイヤモンドは純潔を表しています。

婚約者へのやさしい思いがあってのダイヤモンドなのですね。

婚約指輪は結婚した後は、なかなかつける機会がないものです。

パーティーや友達の結婚式などに結婚指輪と重ねづけしたりして、いつまでも身につけるようにしたいですね。

ぜひ素敵なデザインを選んで、末永く婚約時代と変わらぬ思いを持ち続けて欲しいと願います。

Comments are closed.