婚約指輪はやっぱりダイヤ?

11月 2nd, 2015

結婚が決まったら婚約指輪を買うことになるかと思います。

女性にとってはこの婚約指輪選びはとても重要ですよね。

婚約指輪はやっぱりダイヤ!という女性に、ダイヤモンドのサイズの選び方などをご紹介します。

【ダイヤは大きい方が良い?】

やっぱりダイヤモンドは大きい方が良いよね。

という人もいますが、ダイヤが大きくなればなるほど値段も跳ね上がります。

男性側も予算があるでしょうし、今の婚約指輪の平均相場は約30万円といわれていますので、それに合わせた石の大きさを選びましょう。

相場の30万円くらいで買えるダイヤモンドの大きさは、約0.3カラットです。

1カラットが良いという人もいますが、実際に1カラットを選んでいる先輩花嫁は少なく、0.2カラットから0.5カラットの間で決めている人が多いですよ。

【お得に買うポイント】

ダイヤの値段は、0.3カラットから0.5カラットになるとぐんと上がります。

このようなキリの良い数字は値段が上がるので、ジャストの数字の手前のサイズのダイヤを選ぶと少し値段を抑えることができます。

例えば0.3カラットではなく0.29カラットにするとか、0.49カラットにするなどです。

0.29と0.3は見た目はほとんど変わりませんのでお得に買えます。

しかし、お店によって0.29や0.49カラットを扱っていないところがありますので事前に確認しておきましょう。

【カラットだけで決めない】

ダイヤを選ぶ時、どうしてもカラットばかりで選ぶ人がいますが、カットやクラリティ、カラーのグレードで決まります。

いくら大きくてもカットが悪いと輝きは良くないので、総合的に判断して決めることをおすすめします。

This entry was posted on 月曜日, 11月 2nd, 2015 at 10:41 AM and is filed under 婚約指輪ダイヤ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.